保護者向けオンライン個別相談を実施します

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
  • 会場:その他

東北大学に在籍する学生の保護者向けオンライン個別相談を実施いたします。
保護者向けオンライン個別相談では、キャリア支援センターの教員に1回30分まで学生の進路や就職活動に関する相談をすることができます。
個別相談をご希望の方は、下記事項をご確認いただいたうえで専用フォームよりご予約ください。
なお、キャリア支援センターで回答可能な範囲での回答となりますことをあらかじめご了承ください。

予約の方法

最下部のリンクから専用フォームへ遷移し、希望の日時を選択のうえ全項目を入力してお申込みください。

※入力項目
「開催日時」プルダウンメニューから希望の日時を選択してください。
「学籍番号」学生の学籍番号をご入力ください。
「保護者氏名」保護者様の氏名(フルネーム)をご入力ください。
「メールアドレス」保護者様のメールアドレスをご入力ください。
「ご訪問の目的」個別相談の内容(概要)をご入力ください。
「氏名1」学生の氏名(フルネーム)をご入力ください。

入力いただいたメールアドレスに仮予約完了のメールが自動返信で届きますので、メール本文内のURLをクリックし予約を確定してください。本登録完了のメールが自動返信で届きます。
仮予約は1時間経過すると取り消されますので、速やかに本登録まで完了してください。
仮予約の状態では予約は完了しておりませんのでご注意ください。
予約は先着順とし、複数の予約をとることはできません。予約受付期間は相談実施日の前日までです。

キャンセルの方法

(相談実施日の前日まで)
本登録完了の自動返信メールの本文内にキャンセルを行うURLが記載されていますので、URLをクリックしキャンセルしてください。

(相談実施日当日)
予約時刻前までにキャリア支援センター(022-795-7770)へお電話でご連絡ください。

個別相談の実施方法

オンライン個別相談ではZoomを利用します。
予約時刻の5分前までに、ccs_advising3@g-mail.tohoku-university.jpからのメールを確認できる状態とし、招待メールを受信しましたら指定されたURLにアクセスしてください。
相談の状況等により招待メールの到着が遅れる場合もありますが、予約時刻になってもメールが届かない場合や通信が確立できない場合などには速やかにキャリア支援センター(022-795-7770)に連絡してください。
連絡がないまま相談開始時刻から10分経過した場合は、相談を中止とさせていただきます。

オンラインでの個別相談について

相談内容の録画・録音・撮影、インターネット上での公開等は禁止します。
なお、オンラインでの個別相談において守秘上のリスクを完全に排除することは困難ですが、キャリア支援センターでは可能な限りセキュリティの確保に配慮して相談を実施しています。
相談時はできるだけフリーWi-Fiの利用を避け、安全で適切な環境で相談を受けるとともに、セキュリティ確保や情報漏洩の防止に理解と協力をお願いします。
また、機器やブラウザ、ネットワークの不調等により相談の実施に影響が出る場合があります。あらかじめご了承ください。
Zoomはブラウザではなく、アプリの使用を推奨いたします。

ご利用案内

1.個別相談について
相談内容によっては、より適切な機関や窓口、教員等を紹介することもあります。
すべてのお悩みや問題を解決するというものではありませんが、目標達成や問題解決のための支援をします。
学生本人の参加も可能です。

2.相談内容の守秘について
相談内容についての秘密は厳密に守られます。
ただし、キャリア支援センターの相談員間での情報共有を行うことがあります。

3.相談記録
キャリア支援センターの個別相談は、相談の記録をとり、学籍番号や連絡先等の個人情報とあわせて保管します。
この情報は、キャリア支援センターがより適切に学生の状況を理解して支援を提供するために用いられるもので、キャリア支援センターのスタッフ・関係者以外は相談記録を閲覧することはできません。
また、研究やキャリア支援の充実を目的として、個人情報を取り除いた上で分析や集計に利用することがありますが、個人が特定できる形で利用されることは決してありません。

4.電子メールについて
電子メールはその性質上、守秘を十分確保出来ないため、キャリア支援センターは電子メールを用いた相談を行っていません。
また電子メールでの予約も受け付けていません。

5.禁止事項
個別相談の利用において、東北大学に在籍する学生の保護者に該当しない者が予約申込を行うことや、相談内容を録画・録音したりインターネット等で公開したりすること、個別相談を妨害する行為、その他キャリア支援センターが不適切と判断する行為は禁止します。