Innovative Leaders Fostering Course/イノベーション創発塾

Object and Summary of Class/授業の目的と概要

研究者としての入口に立っている博士学生が身につけるべき資質として最も重要なものは、言うまでもなく研究の遂行能力です。そこには、発想力や論理力も含まれます。これらの資質は、主に研究室の日常を通して磨かれていきます。さらに、皆さんが学位を取得した後、アカデミアに進むにしても、企業などに進むにしても、さらに必要とされる資質がいくつかあります。それは、人と人との関わり合いに絡んでくるものです。身近な人とのコミュニケーション力や、プロジェクト遂行のためのマネージメント力などがまず挙げられます。本科目では、これらの資質の底上げを図ることを目指しています。スキルを提供するものではなく、皆さんそれぞれの問題意識を喚起し、その後の成長の糧となることを目指すものです。実践的トレーニングの場として、異なる分野に属する受講生でグループを作り、調査・討論・発表を行うグループワークを主形式とした講義も行います。テーマとしては、科学(文系・理系どちらも含む)と社会の間で生じるトランスサイエンスと呼ばれる問題を取り上げます。さらに、ケーススタディとして、アカデミアや企業の方をお招きして、「博士修了生」への期待、就業実態等について説明をいただき、詳細な意見交換を行う場も設けます(塾生のキャリア形成のみならず、マッチングの機会としての活用も図ります)。

Goal of Study/学習の到達目標

・博士としての今後の人生を充実したものとするために必要な資質について理解する。

・博士の学位を取得するまでの道筋、その後のキャリアの在り方を、具体的に思い描くことができる。

Contents and Progress Schedule of the Class/授業内容・方法と進度予定

Innovative Leaders Fostering course, FY2018 Program
イノベーション創発塾 2018年度プログラム

Class Subject/授業題目:Career path establishment as a doctor/博士キャリアパスの構築 


*AM: 9:00 - 12:00,  PM: 14:30 - 17:30 + informal social gathering (optional).
・午前:9時~12時、午後:14時半~17時半 + 懇親会(参加は任意)17時半~19時
*Choose either Spring or Fall semester.
・前期か後期、何れかを受講してください。

・学期を越えての受講を認めます。例:合宿のみ次の学期に参加した後に単位認定。

・授業全体で、講義8コマ+演習15コマ分、2単位相当の内容になります。

*Location: Room 110 in Building C10 on Aobayama East Campus (Room 101 in Fall semester).
・場所:青葉山東キャンパス 工学研究科系総合研究棟(C10) 110教室(後期は101教室)

2018創発塾シラバス

Lecture contents/各回の内容

1.オリエンテーション、戦略的キャリアデザイン

 最初に、講義全体の狙いや具体的な進め方などについて説明します。続いて、アカデミアから民間企業まで、キャリア構築の時間軸に沿った捉え方、生産性という観点からの捉え方などについて学びます。自分のキャリアを考えるため、博士キャリアの現状、キャリア決定、仕事とは何かなど、講義とディスカッションで進めます。

2.グループワークへの取り組みについて

 グループワークの概要を説明した後、具体的テーマをグループ内の議論により設定します。グループワークの狙いは、コミュニケーション、チームワーク、マネージメントなどの能力を体験的に向上させることです。異なるフィールドに属する受講者がひとつのテーマについて知識を共有し、意見を交換しながら考えるプロセスを通して、このような能力を磨きます。テーマとしては、「トランスサイエンス」の問題を取り上げます。


*トランスサイエンス:「科学が引き起こし、科学に問いかけることはできるが、科学のみでは解決できない問題」と定義される。例として、原子力発電、軍事研究などが挙げられる。

3.人間理解とコミュニケーション力(合宿)

 互いにやり取りする活動(演習)を通して、コミュニケーションが情報のみならず感情をも分かち合うものであること、自己理解と他者理解が不可分のものであることなどを理解します。時間が許せば、組織マネージメントとリーダーシップの基本について触れるとともに、簡単なディベートの演習も行います。

4.プロジェクトマネージメントの基礎

 研究開発プロジェクトを例に、ゴールを達成するためのマネージメントの基礎を体験学習します。具体的には、「ゴールと現在」とのギャップ解析、ブレーンストーミング、KJ法、Fishbone, Pareto分析、Gantt chart, WBS, Critical path分析、MECE等プロジェクトマネージメントに必須の要素をグループ学習で体験します。また、最後には自分の研究をプロイジェクトマネージメント的に分析し、改善点を発表・議論します。

5.グループワーク検討会

 グループ毎にテーマの検討を行い、検討結果をレビューします。

その他の事項

募集人数

各期 50名

応募資格

①博士後期3年の課程に在籍する大学院学生(社会人学生を含む)
②研究室に在籍するポストドクター及び助教
③博士後期3年の課程へ進学を許可された博士前期課程2年次の学生
④コンソーシアム関連大学在席の者 (但し①または②の条件を満たす者)
※注意:①または②に該当する学生は指導教員の承認、③の博士研究員の場合はプロジェクト代表者の承認が必要です。

募集期間

前期入塾希望者:平成30年4月10日(火)~5月8日(火) 期間延長5月11日正午まで
*前期受講開始の申込は締切ました。
(後期につきまして8月頃募集予定)

受講費用

無料 
但し、合宿費用の実費負担(食事代,シーツ代)1泊2日3,000円程度(4食)

申込方法

*2018年前期受講開始の応募は締切ました。
 後期受講希望者の受付は8月を予定

下記エクセル様式に記載の上、メールに添付をして申し込んでください。
メールの件名は「イノベーション創発塾登録依頼」としてください。

東北大在学者用
Innovative-Leaders-Fostering-Course-Registration

 

申込送付先:high-ca*grp.tohoku.ac.jp(*を@に変更してください)

For Ph.D Candidates/Postdocs/博士後期過程, ポスドクの方

    • 利用方法
    • 登録方法
    • Job Fairについて
    • 求人について
    • 利用方法
    • 登録方法
    • インターンシップ交流会について
    • IDMシステムについて
    • シラバス
    • 参加方法
  • For Employers/Recruiters/企業, 団体の方

    • ILP Event Calendar

      ILP Event Calendarを開きます

    Others/その他