5/14開催:生命科学研究科セミナー「就職活動「再」点検講座」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
  • 会場:その他

生命科学研究科において、Zoomにて「就職活動「再」点検講座」が開催されます。
お問い合わせは生命科学研究科キャリア支援室へお願いします。

このたび、就職活動真っ只中の方に向けて、下記セミナーを開催します。
おもに2022年3月修了学生(M2、DC学生、ポスドクなど)が対象ですが、その他の方のご参加も歓迎いたします。

----------

就職活動「再」点検講座
講師:増沢 隆太(東北大学特任教授・人事コンサルタント)
2021年5月14日(金)15:05〜(90分程度)https://sites.google.com/tohoku.ac.jp/lifesci-career/limited/seminar20210514

Zoomによるオンライン開催。上記のウェブページよりご登録ください。
※ 東北大メールにてGoogleにログインが必要です

現在M2や博士後期課程在学中の学生やポスドクなど、来年2022年4月入社のため、内定獲得を目指して就職活動をしている方に、生命科学研究科では「就職活動再点検講座」を開催します。

コロナの影響でかつてとは様変わりした就活ですが、生命科学研究科はコロナに対応した企業選びやES/面接対策講座など、研究科独自でキャリアセミナーやキャリア相談を行っています。特にキャリア相談の相談枠が埋まっている状況もあり、就活に悩む学生へ支援をさらに進めるため、5/14(金)15:05より、オンライン(Zoom)による「就職活動再点検講座」を開催します。

就活は、大学受験の延長のような自己流では進みません。
• 就活学生同士の面接練習やES評価など、企業視点とは違う就活準備をしてしまうケース
• コロナ以前の就活スタイルも、同じく現在の就活環境には合わない準備をしているケース
• 有名企業、製薬・化粧品、食品、バイオと社名に入るような人気企業=全国のバイオ系学生が集まる超競合企業「しか」受けないなど、企業選択が間違っているケース

戦略的で企業視点に立った就活をすれば、今から企業選びでも内定獲得は可能です。どれだけ努力してもやみくもな自己流就活では成果にならないだけでなく、最後の挽回チャンスの5月のタイミングも逃します。

またESは通るのに面接がうまくいかないというタイプは、おそらくESも視点がずれているのに「東北大学」という名前で通過している可能性もあります。
生命科学研究科の専任キャリア支援を2018年から行い、現在も企業の選考や採用状況、学内他研究科や他大学動向にも詳しく、就活講座や就活イベントの講師も務める増沢隆太特任教授が、これまでの生命科学研究科の指導経験に激変する環境事情も加えて、今取るべき指針や、これまでの就活の見直しを提言します。